ネットでの話題を独自の目線でお届け♪

トレンドバリュー

役立情報

役立情報

2019/6/4

【朝パンは乳がんになりやすい!?】ってホント!?

朝パン愛好者は乳がんになりやすい!?って知ってましたか? 近年日本では食生活が欧米化に伴うにつれ、乳がん患者が増えてきています。 その背景にはパンを主食とした食生活が密接に関係をしています。 乳がん患者の実に8割が朝食をパンにしているという結果が出ています。 パンの成分は、バターや食塩、生成された小麦粉や乳化剤などから成り立っています。 そして、そのパンを食べるために糖分の高いジャムや脂質の多いバターを利用することが多くなっています。 パンとサラダの朝食は一見ヘルシーに見えますが、実はサラダを食べるために ...

役立情報

2019/6/4

遺伝子組み換え技術は知らいないところで進んでいる! パン中毒性って?

カビ無いパンの臭素酸カリウムでパンの危険性は話題になりましたが、パンには臭素酸カリウム以外にも実は怖い問題が潜んでいます。 それはパンの材料である小麦粉は遺伝子組み食品のひとつであるため、身体にとても危険です。 遺伝子組み食品としてつくられている小麦粉にはグルテンが多く含まれ、食べ過ぎるとアレルギー反応を起こす可能性が高くなります。 身体が疲れやすくなってしまいますし、倦怠感やうつ病になったりもします。 グルテンの作用により、神経系に障害がもたらされる可能性があるのです。 その上、遺伝子組み食品である小麦 ...

役立情報

2019/6/4

【遺伝子組み換え食品の恐怖】サラダ油に潜む危険!

遺伝子組換え技術って聞いたことがありますか? 遺伝子組み換え技術は様々な分野で研究されていますが、こと食品分野での適用事例は多いです。 特に遺伝子組み換え技術で有名なのはサラダ油で、主にアメリカやカナダから輸入された遺伝子組み換えを行ったトウモロコシや大豆、そしてナタネ油などの植物がサラダ油の原料に使用されています。 そしてサラダ油の原料なども含む遺伝子組み換え食品の危険性の具体例として、遺伝子組み換え技術で作られた食品を長期にわたって摂取することにより、下痢などの消化器系の疾患を引き起こしやすいと言われ ...

役立情報

2019/6/4

【トランス脂肪酸の恐怖】はマーガリンだけじゃない!

マーガリンがトランス脂肪酸たっぷりで怖いと言うのなら、パンを食べる時はマーガリンにさえ注意すれば良いと考えがちですが、実は怖いのはそれだけはありません。 トランス脂肪酸が含まれる食品は他にも一杯あります。 パンを食べる時、コーヒーや紅茶などを飲みながらと言う人も多いかと思いますが、その時にミルクを入れて飲む場合が要注意なのです。 ミルクと言っても普通に牛乳や生クリームを入れるのではなく、手軽な一回分の小さなパックになっているコーヒークリーム!! あれにもトランス脂肪酸が使われています。 【トランス脂肪酸】 ...

役立情報

2019/6/4

日本ではマーガリンはなぜ規制されない?トランス脂肪酸の恐怖

まず、世界保険機構が下記のように発表しています。 マーガリンの摂取量を一日当たり総エネルギーの1%未満にするべき これは御存知でしたか? マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させ、肥満を発症させると言われています。 そんな怖いものが、日本では今も堂々とスーパーなどで販売がされています。 また、妊婦に対してのトランス脂肪酸は胎児の体重減少や死産を招くこともあり怖いトラブルが予想されてます。 マーガリンの国内と諸外国の対応状況 今年4月から内閣府消費者委員会で、表示が義務付けら ...

役立情報

2019/6/4

発がん物質はポテトチップスにも入っている!アクリルアミドの危険性

ポテトチップスは美味しいけど、身体に悪いと言われています。 でも一度、食べだすとやめれないですよね! ポテトチップスが身体に悪いと言われていますが、では実際何が身体に悪い理由ってわかりますか? ポテトチップスは塩分や脂肪分が多いので、カロリーを取り過ぎになってしまうと思いがちですが、塩分は表面にかけてあるので、直接に舌が触わるので多いと思われがちですがものすごく多い訳では無いです。 一袋60g入りのポテトチップスには、大体0.6g以上の食塩が含まれていて、カロリーも大体330kcal以上あると言われていま ...

役立情報

2019/6/4

カビないパンって何!?臭素酸カリウムはもっと身近に怖い物があった!

山崎パンが使っている臭素酸カリウムという添加物は、パンをふっくらさせ、おいしくさせることができます。 またカビを生じさせにくくさせる効果もあると言われています。 だから、山崎パンは他のメーカーのパンに比べると、なかなかカビが発生しないのです。 しかし、この臭素酸カリウムは怖い発がん性物質としても知られています。 かつてはパン生地、魚肉練り製品などの改良材(食品添加物)として用いられたが、 ラット腎臓における発癌性が指摘され、国によっては使用が禁止・制限されている。 国によっては全面禁止されている国もありま ...

Copyright© トレンドバリュー , 2019 All Rights Reserved.