【朝パンは乳がんになりやすい!?】ってホント!?

朝パン愛好者は乳がんになりやすい!?って知ってましたか?

近年日本では食生活が欧米化に伴うにつれ、乳がん患者が増えてきています。その背景にはパンを主食とした食生活が密接に関係をしています。乳がん患者の実に8割が朝食をパンにしているという結果が出ています。

パンの成分は、バターや食塩、生成された小麦粉や乳化剤などから成り立っています。そして、そのパンを食べるために糖分の高いジャム脂質の多いバターを利用することが多くなっています。

パンとサラダの朝食は一見ヘルシーに見えますが、実はサラダを食べるためにはドレッシングも必要で、そのドレッシングにも塩分と糖分、油が大量に入っています。

こういった食生活を続けている事で、乳がんなどの危険な病気を発症しやすくなります。乳がん患者は年々増加をしてきていて、それも徐々に若齢化をしています。

乳がん患者を調べてみると、実に8割の患者が朝食にパンを食べ続けてきたことがわかっています。

過去の日本では、朝食に味噌汁を飲むことが多く、味噌の中に含まれている大豆イソフラボンが乳がんを抑止していたことも関係されています。

どうしても朝はパンが食べたい方は、出来る限り玄米米粉で作られているパンや、乳化剤や添加物を使用してない食品を選んだ方が良いでしょう。

加えてパンを食べる時には、バターやジャム等を使わずに食べるのが良いです。サラダを一緒に食べるのは良いですが、ドレッシングのかけ過ぎにも注意が必要です。

【大豆イソブラボン】

女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをすることがわかり、脚光を浴びています。
元々は、大豆の胚軸(生長すると芽になるところ)部分に多<含まれる抗酸化物質の1種。細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれる優れものです。
大豆イソフラボンの特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる事にあります。
加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、やがて更年期、閉経を迎え、それに伴い、「更年期障害」と呼ばれる体と心のトラブルがみられることがあります。そこで大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足を補い、トラブルを予防してくれる女性に嬉しい栄養素なのです。

関連記事

発がん物質はポテトチップスにも入っている!アクリルアミドの危険性

日本ではマーガリンはなぜ規制されない?トランス脂肪酸の恐怖

【遺伝子組み換え食品の恐怖】サラダ油に潜む危険!

遺伝子組み換え技術は知らいないところで進んでいる! パン中毒性って?

【トランス脂肪酸の恐怖】はマーガリンだけじゃない!

カビないパンって何!?臭素酸カリウムはもっと身近に怖い物があった!