加齢臭の原因であるノネナールを予防するには

役立情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は、欧米人と比べて体臭があまりない民族です。そのために、臭いに対してはとても敏感な部分があります。

誰でも、生きていると年齢が高くなります。そして、それに合わせるように加齢臭という今まで体験していないものがでてきます。

加齢臭は毛穴にある皮脂腺から出るパルミトレイン酸と過酸化脂質が酸化分解され、ノネナールに変化することで臭いとなります。

加齢臭は、毎日入浴して石鹸などで洗い流すと一時的には消えます。

しかし、ノネナールは時間の経過とともにまたでてくるという性質があります。

つまり、毎日入浴しても時間が経過すると加齢臭がでてくることになります。

それを、予防したいと思うのならサプリの利用がおすすめです。

抗酸化作用を持つサプリで体内から原因を消す

加齢臭は、体内の活性酸素もその原因の一つになりこの活性酸素を予防することで対策ができます。

抗酸化の効果が高い、サプリを飲むことで体内からその原因を消すことは可能です。

体は、予防性が高い石鹸で洗うようにしていきます。

石鹸成分には、柿渋エキスや緑茶エキスなどのがあります。

そして、体内にはアスタキサンチンは飛び抜けて抗酸化力が強い成分を持っています。

その抗酸化作用は、ビタミンEの1000倍はあるとされるものです。

これらの、強い抗酸化作用の成分を持つサプリを併用することで加齢臭の予防は上手くできます。

体の内と外から、ダブルですることが自分の体臭対策になります。

誰でもできる方法なので、早めにすると効果的です

 
http://www.reparer-ecran.com/が参考になりました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加