リバウンドしやすい食事制限によるダイエット

トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットのために食事制限をしたことがあるという人なら、リバウンドをしたこともあるのではないでしょうか。

食事制限をどんな手順で行ったかも、リバウンドの有無と関係します。

元来、ダイエットとは、肥満の治療をするために行う食事のコントロールのことでした。

人の体が太るのは、摂取カロリーの多過ぎる生活や、不規則な生活習慣などが背景にあるものです。

ダイエットを成功させるには、段取りをどう組むかも大事です。

何となくカロリー量を減らしてみるというノープランのダイエットは、成功率が低いといえるでしょう。

体の基本を考えると普段の食事から摂るエネルギーより運動などで消費されるエネルギーが少ないと、あまったエネルギー分が脂肪などに変換されて体に蓄えられてしまいます。

大まかには、人間の体重はそうやって決まります。

体重増減の原則にのっとれば、食事制限でカロリー補給量を減らせば、活動に必要なエネルギーを脂肪でまかなうことになり、減量にはなるでしょう。

ただし、食事制限だけでダイエットをしようとしても、人体はいずれはそのカロリーだけでバランスをとろうと代謝を低下させます。

食事制限を続けているのに体重が一向に減らなくなったり、ダイエットにいいことをしているつもりなのに実績が上がらない停滞期になります。

ダイエットをしている時にリバウンドが起きるのは、停滞期に入っている時に普段どおりの食事をすると、脂肪になりやすいためです。

無理な食事制限を中心にしたダイエットは、高い確率でリバウンドを起こすので、計画的なダイエットをする事をおすすめします。

マカサプリの男性効果が勉強になりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加