食欲を抑制と偽食欲

役立情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偽食欲について知っておくと、食欲を抑制することがやりやすくなります。

食事を摂らずにいて肝臓のグリコーゲン量が少なくなることと、食欲とは密接なつながりがあります。

空腹感の正体とは、肝臓のグリコーゲンが減少したことによる血糖値の低下です。

血糖値が低いと食欲が出るということになります。実際の食欲と違うことから、偽食欲という言葉がつけられています。

食べたいものがあるという気持ちや、時間帯的に食事がしたいという欲望とは区別して考えられます。

食欲は、皆さんもよく感じた事があるのではないでしょうか。偽食欲について理解しておくことが、食欲の抑制に効果があるといいます。

人は、生きていくために食欲を感じるようにできていますが、偽食欲は生きていくためのものではないので、従う必要は感じずともいいものです。

人によっては、食欲を抑制する必要を感じずに、食べ続ける人もいます。

しかし、何らかの理由で食事量を減らしたいという人は、何らかの方法で食欲を抑制することです。

空腹以外のきっかけで偽食欲は感じるものですから、目の前に食べ物を置かないなど、偽食欲がわかないようにするといいでしょう。

食べたいと思っても実際にお腹がすいているかどうか、よく考えてみる事が偽食欲を抑制させる方法になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加