脂肪分解酵素とは

役立情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酵素の中で、体脂肪を分解するのがリパーゼです。

生物であればすべて体内に存在しており、人間の場合は胃液や腸液に含まれているといいます。

リパーゼの働きによって脂肪を分解してエネルギーにする機能が小腸にはあるといいます。

リパーゼは、体脂肪を遊離脂肪酸とグリセリンに分解します。

 

筋肉まで血液によって届けられ、エネルギーとして使われることによって脂肪を分解することができるのです。

運動を始めてから、時間が少し経ってからリパーゼが効果的に働き始めるので、

ダイエットしたいのであれば、20分以上有酸素運動を続けることがポイントです。

 

うまくダイエットをするためには、賢くリパーゼを利用するのがおすすめだといえるでしょう。

早めにリパーゼの働きをアップさせることで、効率よく脂肪を分解することができるといいます。

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが、リパーゼを活性化させるためには不可欠です。

 

ミネラル不足に陥るとリパーゼがうまく働かなくなりますので、脂肪がうまく分解できなくなります。

多くリパーゼが含まれている食材としてあげられるのは、ほうれん草やセロリ、にんじん、ラディッシュ、ズッキーニ、トマトなどです。

スムーズに体内の脂肪を分解するためにも、リパーゼとなるべく摂取するようにして働きを活発にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加