日焼け止め以外の紫外線対策

役立情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年じゅう紫外線対策をしっかり行うことが大事ですが、

日焼け対策でできることは、様々なことがあるといいます。

何をすれば日焼け対策になるかを知り、やれることをやっていきましょう。

 

紫外線対策グッズの活用

この頃は、小さな子どもから高齢者までが日焼け対策ができるように、

紫外線から皮膚を守るための商品が次々と開発されてきています。

紫外線は目の中にも届き、目へのダメージも及ぼします。

サングラスを使うことが、目の紫外線対策になります。

 

赤ん坊や子どもの目を守るための紫外線対策グッズや、デザインに凝ったサングラスもあります。

最近は洋服にも紫外線対策が施されたものがあります。

さまざまな衣類でUVカット加工がされており、色もデザインも豊富です。

 

日焼けクリームと併用して、紫外線カット処理がされている服を身につけることで、紫外線から体を守りやすくなります。

顔の周りに大きく影をつけることができるつばのひろい帽子や、折りたたんで持ちるも歩けなど、

UV対策用の帽子やサンバイザーも人気です。日よけ傘もサイズやデザインは多種多様です。

 

雨の日も使える日傘もありますので、2本の傘を使い分けるのが大変という人は、兼用傘がおすすめです。

アームカバーを腕につけていれば、車の運転をする時でもうでが焼ける心配がありません。

利用者の増加に共に伴い、色やデザインもふえています。

 

扱いやすさから人気なのは、紫外線カットに使えるネックカバーや夏用のストールです。

外出時に身にまとえばいいだけなので手軽です。

日焼け対策のさまざまなグッズが販売されていますのでどんどん活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加