季節で変わる!油断大敵日焼け対策

役立情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌状態を保つためには、日焼け対策がとても大事になっています。

紫外線からお肌を守るためには、季節を問わずいつでもケアをすることです。

真冬でも、日焼け防止に必要なことをやっておきましょう。

 

6月の紫外線は、実は盛夏と同じくらいです

5月くらいからもう紫外線は肌への影響を及ばせていますので、

春から紫外線対策をすることが重要になります。

 

紫外線が強い時期は気温も高く、発汗量も増加します。

日焼け止めが汗で流れてしまうことも多いため、塗りなおしも必要です。

夏の日焼け止めクリームは、普段どおりの生活をしていても日に3、4回つけるようにします。

数値が高いものを1回塗るよりも、数値が低くても何度も塗りなおすほうが日焼け対策としてはより効果がアップします。

日焼け止めクリームの量をけちっていると、期待した効果が得られません。

つけ忘れがちなのが顎の下部分です。

紫外線はあちこちからはね返る性質がありますので、あごの下も油断できません

 

一年中、紫外線はお肌に届いている

紫外線量が少なくとも、日焼け対策をしておくことは大きな意味があります。

紫外線が弱い冬は、皮膚の紫外線に対する抵抗力自体もさほど高くありません。

春先はいきなり紫外線が強くなる日があるため、肌はそのぶん損傷を受けやすくなってしまいます。

どんな季節でもしっかりと日焼け対策をして紫外線から肌を守ることが大切だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加