内側からできる日焼け対策

役立情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアのためには、日焼け対策をすることがとても大事です。

お肌が日焼けの影響を受けると、それだけしみやそばかすなどの症状が出るようになります。

 

美白にいいスキンケア用品や、日焼け止めクリームを利用して日焼け対策を講じることもできますが、

食習慣の見直しによるケアも効果があるといいます。

 

例えば、ビタミンA、C、Eはいずれも日焼け対策に効果があるという栄養素だと言われています。

日焼けに効果があるというクリーム類にも、ビタミンCがよく利用されています。

ビタミンCにはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑え、

肌のハリの元のなるエラスチンの生成を促進する働きもあります。

 

紫外線で皮膚の毒素が活発になったとしても、

ビタミンCを摂取すれば抗酸化力で対策をとることが可能です。

体内の酸化を防ぐ成分にはビタミンEがあります。

 

抗老化作用とは、加齢による体の老化をできるだけ減らすというものです。

皮膚のコラーゲン増加にも効果が期待できることが、ビタミンAの抗酸化作用の利点です。

生理中、敏感になった皮膚は日焼けの影響を被りやすいといいます、

それは、生理中はビタミン不足になりややすいためです。

 

栄養素を食事やサプリメントなどを利用して積極的に摂取することで、

体の内側から日焼け対策をすることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食欲の抑制とは

食欲の抑制とは案外大変なもので、挫折する人は少なくありません。 健康や、体重を減らす…