クエン酸による脂肪分解

役立情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クエン酸の効果の中には、活動に必要なエネルギーに、脂肪や乳酸を分解して変換するというものがあります。この分解作用はクエン酸サイクルと呼ばれており、発表したのがイギリスの研究者です。

梅干しやレモンなどにたくさん含まれているクエン酸は、酸味の元になっているものです。

 

食欲増進効果があり、消化吸収力も高まりますのでダイエットには不向きな面もありますが、使い方によっては脂肪の分解効果が期待できます。

効果的に疲れを取ることができますので、運動の疲労を回復させる効果がダイエットのために運動をしたらクエン酸を摂ることによって得られます。

 

摂取した後30分がもっとも多く、その後少しずつ減っていくのがクエン酸を摂取した場合の血中濃度です。摂取するタイミングを見極めることが、効率よく脂肪分解効果を得るためには大事なことです。

効率的に体脂肪を燃やすためには、軽めの運動と組み合わせてクエン酸を摂取すると良いのではないでしょうか。生活習慣病を効果的に予防することもでき、その効果がダイエットだけではありません。

 

クエン酸サイクルと呼ばれるエネルギーの代謝を促進するには、ビタミンB群が欠かせません。

ビタミンB群も一緒に補充するようにしたほうが、クエン酸をサプリメントなどで摂取する時には効果的です。クエン酸のメリットをうまく利用して、ダイエットを成功させるためにも効率よく脂肪を分解できると良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加